加藤けんいち日記

<< 入学式 | main | 断水! >>
桜は散って・・・
 昨日の風と雨で、桜満開の春爛漫は一気に通り過ぎた感じです。それにしても、先週末は見事な花見日和でした。私も時間の合間を縫って、家族を連れての夜桜見物や、お城と八幡山周辺の散り行く桜を楽しみました。土日はお城周辺はたいへんな賑わいで、桜という自然のもつ力の偉大さを思わずにはいられません。今、人が求めているのは、人工的な空間というよりも、やはり人を癒し、エネルギーを与えてくれる、水や木々や草花、そして森のある空間ではないでしょうか。身近にそういう空間がある小田原の市民であることを誇りに思うと共に、こんな空間をもっと増やしていかなければと、改めて思います。

 日曜日に行われた、山北に建設が予定されている超広域のゴミ処理施設「エコループセンター」について考えるシンポジウムには、60人ほどが集まり、私も参加してきました。小田原市民というよりも、建設予定地である山北町や、隣町の小山町から大勢の方が参加され、地元の方たちの困惑と不安がありありでした。基調講演では、今回の計画が今後のわが国のゴミ処理行政の在り方を占う、良く言えば先駆的、悪く言えば実験的な取り組みです。未確立の焼却技術、環境への計算できない影響、なにより、地道に分別処理などによって自区内処理と減量に取り組んできた各自治体のゴミ処理政策を、一気に後退させかねません。実際、これまでのところ、県内各自治体は参加するかどうかにつき態度を保留しており、自治体がこの超広域処理に参加するかどうかは微妙な情勢です。地元山北町でも、茶業や林業、生活環境への影響を懸念し、署名活動が始まっているようです。県内のそれぞれの自治体で、これまで取り組んできたゴミ処理努力を継続し、自分のゴミは自分で処理する、という原則を貫くことが大切です。

 今週16日に予定されている、山古志村の強い精神性を描いた記録映画「掘るまいか」。私も、過去の被災地でのボランティア活動に係わった経験から、今回上映に先立って予定されている、橋本監督と山古志村村民の方とのトークの聞き役を任されました。実行委員会からの情報によれば、当日はるばる山古志から、映画にも出演している小川さんという男性が参加されるそうです。この方は映画にも出演している、手掘りトンネル掘削に自ら係わった生き証人です。現在は長岡の仮設住宅にお住まいとのこと。被災地の貴重なお話が聞けるものと思います。小田原には一泊して頂くそうですので、被災地での疲れを少しでも癒してもらえたら良いのですが。いずれにしても、是非多くの方に参加して頂きたいイベントです。

 4月24から開講する、首都圏コープ主催の「あぐり小田原・畑の学校」の初級コースのインストラクターを、再び引き受けることになりました。一昨年にやらせて頂き、昨年はいろいろありましたので辞退していたのです。場所は曽我みのり館の裏の畑で、来年の2月まで、毎月2回。一年を通して、有機農業の基本的な作業がつかめるよう、また、毎回何らかの収穫が得られるよう、20品目以上の野菜を栽培します。今のところ、横浜方面のご家族連れを中心に20家族近くが参加されるとのこと。
 ちょっと忙しくなってしまいますが、最近はすっかり農作業から遠ざかってしまったので、こういう活動を通じて野良に立つ時間を確保させていただけると前向きに解釈し、一年間の農作業を大勢の皆さんと一緒に楽しみたいと思います。

 話は変わりますが、小田原駅前のお城通り再開発、いわゆる「100mタワービル」建設計画ですが、3月議会で継続審議になっていた「予算執行の凍結を求める陳情書」の審議が、13日の都市建設常任委員会で行われる模様です。ここでは、例の八幡山マンション問題にからみ、この間小澤市長が開発業者と折衝した内容なども報告されると聞いています。
 お城通り再開発については、「歴史と文化の町・小田原の駅前を考える会」が、シンポジウムの第2弾を行うことになりました。4月24日18:30より、小田原市民会館小ホールにて。関係者による現状報告のほか、外部の専門の方をお招きし客観的にこの再開発計画を評価した上で、さまざまな視点から納得できる再開発を実現するために、市民として何をしていったらよいかを検討するとのことです。先日、TBSの特番で取り上げられ話題になっておりますが、ぜひ多くの市民が関心を持って頂きたい問題です。

 
| - | 08:07 | comments(2) | trackbacks(0) |
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2005/04/17 8:26 AM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2005/05/16 12:18 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.katoken.info/trackback/82669
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE