加藤けんいち日記

<< 杏の花が咲きました。 | main | 入学式 >>
春の日々
 パワーズ第2号が刷り上ってきました。直ちに、ポスティングを手伝ってくれることになっている多くの市民の皆さんのところへ、配送しなくてはいけません。今週中に、あらかた行き渡るようにしましょう。(ポスティングにご協力いただける方、まだまだ必要です。私もと思われる方は、ぜひご連絡ください!)今回は、幾つもの問題を審議する市議会のでの審議状況や、開発問題をめぐる情勢のめまぐるしい変転があり、執筆したときと発行されたときの微妙な情勢の違いが出てしまいました。その時々の時事的な問題の取り扱いは、なかなか難しいものです。

 先週は、経営のお手伝いをさせて頂いている複数の地元企業さんと、連日ヒアリングを重ねました。皆さんの強みを見出し、自覚して頂き、これからの時代にマッチする事業の形に仕立てていく作業。基本的に私は「素人」ですが、素人ゆえの視点と着想で、現業にどっぷり浸からざるを得ない中小企業経営者の皆さんに、目の前の問題を整理して頂くチャンスを提供できればと思います。

 年度の入れ替わりで、子ども会、PTA、ともに動きが出てきました。こういう活動は、ともすればそれまでの慣行にのっとって、大過なく事業をこなしていくことに意識が置かれがちですが、こういう時代だからこそ、本来の役割は何か、取り組むべき事業は何か、どうしたら一番力を発揮できるか、これまた素人の視点で眺め直すことも必要だなと感じることが多いです。私は、子ども会については「地域と子どものつながりをどう再生するか?」、PTAについては「学校と地域がどう開き合い、協働関係を築けるか?」をテーマに、その活動を見直し、新たな活動への着手もどんどん提案したいと考えています。
 
 昨日は、お城の桜はまだまだでしたが、城址公園で花見の会でした。三の丸小学校で市子連の総会があり、総会会場と花見会場を行ったりきたりしていました。見ごろはこの週末ですね。
 その後、民間稲作研究所の稲葉代表が湯河原で講演されるということで、車を飛ばして参加しました。除草剤を一切使わない抑草技術は、農家の知恵の結晶です。今月下旬から田んぼの作業も始まりますので、(毎年そう思うのですが)今年こそは美しく稔り豊かな田んぼの風景となるよう、気心をかけて行きたいと思います。
 会場で、娘が化学療法を打ち切って病院から戻ってきた6年前、玄米を中心とした食事療法の進め方を私たち夫婦に授けてくださった田中愛子先生と再会。80歳を過ぎても、少女のように軽やかに国の内外を問わず食を通じた人助けに奔走されているお姿からは、本当に勇気を頂きます。
 この日はツルネンさんの「湯河原温泉をオーガニックの里に」という講演もありました。その中で、"You are what you eat."という言葉が紹介されました。日本語で言えば、「身土不二」ということでしょうか。まさに、私を造っているのは私が食べたもの。最近は忙しさにかまけて、野菜作りもおろそかになり、かなり雑食になっているわが身を反省させられました。
| - | 09:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.katoken.info/trackback/82667
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE