加藤けんいち日記

<< 小田原の悪癖 | main | 日記スタイルが変わりました。 >>
トーチラン
 薄日の差す寒い一日でしたが、昨年秋から準備が重ねられていた「トーチラン」無事に終わりました。大成功でした。二の丸広場にはおよそ800人、沿道で声援をしてくれた方も含めると、優に1000人以上の方が係わってくれたことになります。
 私は、ステージの横のテント前で餅つきを担当しながら、会場の様子を観察していました。主役である、知的障害をもったランナーの方々、伴走する家族やその友人、ボランティアの皆さんだけで、数百人。JC,消防団、自治会、白百合の女学生さん、小田原の給食を考える会、朝日新聞、富士フィルム生協、幾つもの福祉系の団体、特別参加の高島礼子さんやプロゴルファーの米田さんらゲストの方々・・・。
 日頃、同じ空間に居合わせることの少ないであろう、様々な方々が、一堂に会し、1つの目的のために心を合わせる。こんなことは、小田原では余りなかったと思います。とても貴重な体験を、参加者がしたはずです。
 約1時間のランを終えて、会場に戻った聖火の火が、ステージで大きく燃え上がったときは、本当に会場の皆の心がひとつになったような感動がありました。

 こんな共同作業を、これから幾つも幾つも経験していく中で、私たち小田原市民も、開かれた意識と、支えあう心と、確かなビジョンをもった本当の「市民」へと育っていくことが出来るのだろう。そんな確信をもった一日でした。
 
 
| - | 20:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.katoken.info/trackback/82653
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE