加藤けんいち日記

<< 放課後児童クラブの現場 | main | 任期は残り一週間 >>
日々進むコロナウイルス対策

 13日も朝一番でコロナウイルス対策に関わる職員らとミーティング、それぞれの取り組みの進捗状況などを確認しました。


 7階西病棟で感染の発生した市立病院の状況について、病院管理局職員から直近の状況が詳しく報告されました。同様の内容は既に市立病院HPに第7報として掲載されていますが、感染の疑いがある患者さんたちの受け入れにより院内の病室に空きが無くなっていることから、県西地域全体での医療機関連携が喫緊の課題となっており、具体の役割分担の議論を進めています。また、外来では電話診療も開始し、来院を出来るだけ少なくして頂く方策も始めていきます。


 関連して、小田原医師会が主体となって進めているおだわら予約制PCRセンター(検査場)は、設置工事がほぼ完了、14日にシミュレーションを行い、来週からいよいよ運用が始まっていきます。市としてもしっかりと協力していきます。


 経済支援関係では、休業要請業種の皆さんへの支援金支給の実務が進んでいます。12日の段階で1000件を超える申請があり、うち740件を既に支給決定、早いものは振り込みが始まっています。国からの特別定額給付金(一律10万円)では、11日から始まったオンライン申請が今朝の段階で1850件超。コールセンターを13日に設置して様々なお問合せに対応しています。雇用調整助成金の申請には、社労士などの専門家のサポートが受けられるよう支援をしていますが、面倒で煩雑な事務手続きから申請は今だに少なく、これまでで20件ほどに留まっているようです。


 ひとり親世帯に支給する児童扶養手当の上乗せ支給分は、当初の予定よりも早めの支給が可能になりそうです。


 休業が続き家庭で多くの時間を過ごしている子どもたちのために、教育部が中心となって「おだわらっ子チャンネル」を立ち上げましたが、そのコンテンツが次第に増えています。特に、入学式と登校日以外、先生や友達と交わる機会がなく、授業も受けられない新一年生に向けての、市内の幼稚園・保育園の先生方からの動画メッセージが出色で、見ていてこちらも楽しく嬉しくなる内容。ぜひ、更なる充実を図り、コロナウイルス終息後も活かしていける有効なコミュニケーション手段に育てていきたいです。

| - | 15:17 | - | - |
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE