加藤けんいち日記

<< ラグビーW杯組織委員会から感謝状 | main | 総括質疑終了、横浜韓国総領事 >>
対策本部会議、モラロジーの皆さん

 新型コロナウイルスの感染拡大による社会的動揺が拡がっています。イベントや行事の10日間ほどの自粛延長要請、「センバツ」の中止、世界ではイタリアでの店舗営業停止など各国での感染拡大、株式市場の大幅下落、そしてWHOからの「パンデミック」表明など。県内でも、小田原保健福祉事務所管内(県西地域2市8町)で感染者が出るなど、このところ連日複数の感染事案報告が続いています。

 

 11日、小田原市でも全部局長を集め対策本部会議を開催。これまでの状況および対策などについて確認するとともに、各部局からの課題報告と対応状況、今後の取り組みなどについて検討と共有を行いました。この日は、小田原医師会の渡邊会長にもご臨席いただき、地域医療体制との緊密な連携体制を整えていくことも確認。いずれにせよ、様々な状況と対策などについて、市民の皆さんに随時情報発信を行い、様々な不安の解消に努めるとともに、今はとにかく感染を拡げないよう、対策の徹底を呼びかけました。本部会議で話し合われた主な対応方針などについては、今日のうちに市HP等にて市民の皆さんにお伝えする予定です。

 

 午前中、小田原ガイド協会の堀池会長ほか皆さんが来室され、前日に行われた新入会員の入会式のご報告を頂きました。例年私も出席し、新たにガイドになられる皆さんへ激励と期待のメッセージをお伝えするのですが、感染対策のため今回は関係者だけで規模縮小しての開催となり、メッセージ文をお送りしておいたのでした。ここ最近の観光客の様子を伺うと、通常であれば藤棚横のバス駐車場に連日複数台のバスが駐車し、多くの観光客をガイドされているのですが、ここ最近はそれが激減。日によってはバスが入ってこないこともある、とのこと。それでも、個人的に来訪されるお客さんはいるので、体制は変えることなくおもてなしをして頂いているそうです。これから桜の季節を迎え、一年のうちで最も来客の多いシーズンとなるだけに、一日も早い終息を願っておられました。

 

 午後、小田原モラロジー事務所の皆さんが来室され、今年も貴重なご寄付を頂きました。平成11年から始められた「ふるさと文化基金」へのご寄付は今回で21回目となり、累計金額が100万円を超えたことから、私から感謝状を贈らせて頂きました。倫理や道徳を学び合う活動を地道に続けられているモラロジー事務所の皆さんと、最近の家庭の状況や子どもたちの育ちについてしばし懇談。ふるさと文化基金へ頂いたご厚志を活用させて頂き、市民ホールの整備も含めた文化振興に繋げていく旨、感謝の思いをお伝えしました。

(13日・16日に市議会予算特別委員会の総括質疑があり、準備等のため日記の更新をお休みします。)

| - | 14:08 | - | - |
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE