加藤けんいち日記

<< 成人式、市民功労賞 | main | 東泉院坐禅会、斑鳩町長 >>
TOTOCOその後、都市交流展

 連日、新年度予算査定と賀詞交歓会の日々が続いています。

 

 15日は午前中の庁内での打ち合わせ等を済ませたのち、横浜で行われた公明党の賀詞交歓会に出席。終了後、湯河原町での冨田町長の御母堂葬儀に伺い、小田原に戻りました。夕刻の賀詞交歓会開会まで時間がありましたので、道すがら、「漁港の駅TOTOCO小田原」のその後の様子を見に立ち寄りました。

 

 開業後の集客はとても順調で、2階・3階の飲食ゾーンは連日長蛇の列、物販も好調と聞いていました。この日は4時近かったこともあり、さすがに各フロアとも来客のピークは過ぎていたので、ゆったりと館内を巡ることが出来ました。TOTOCO開業に合わせて新しく作られた商品などを改めて手に取り、気になっていた地元早川のJA女性部が作った辛子味噌や、地元の「いいちみそ」とのコラボである「旨サバ餃子」、隣の加工施設で捌かれた地の小鯵の干物などを購入。

 

 外では、防波護岸の工事が行われており、一昨年の台風12号の被害を受けて行われたTOTOCO海側のかさ上げの高さに合わせ、加工施設、荷さばき施設の海側についても2mほどのかさ上げ工事が施工中。今年以降も想定される大型台風への備えも着々と進んでいました。

 

 予告なしで急に立ち寄ったのですが、駅長の金城さんとも会うことができました。いわく、とても順調とのこと。元気そうな姿をみてホッとしました。今は、定置網での漁獲が少ない時期ですが、ぜひとも頑張って頂きたいと思います。

 

 地下街の「ハルネギャラリー」では、先週から「都市間交流事業展」と題し、小田原市がこれまで取り組んできた国内外の都市との交流について、詳しくパネル展示が行われています。春先まで4期に分け展示が行われますが、現在行われている第1期の企画は、法隆寺の食封(じきふ)であったご縁で進められている都市間交流の紹介。この交流の中心でありキッカケを作って頂いた法隆寺の故・大野玄妙管長と私との対談、交流を行っている斑鳩町・姫路市・朝来市・高崎市と小田原市の紹介が、丁寧に作られたパネル等で紹介されています。ぜひ多くの皆さんにご覧頂きたいです。

 

 この企画展に併せて、斑鳩町の銘菓である「らほつ饅頭」が、今日16日だけ、ハルネ小田原で販売されます。いわゆる揚げ饅頭の一種で、カリッとした皮の感触と中の餡が絶妙にマッチ。斑鳩を訪れた時は必ず買って帰る我が家でも人気の菓子で、職員にもファンは多くいます。今日は斑鳩町の中西町長も小田原にお越しになる予定であり、この「らほつ饅頭」がたくさん売れると良いのですが。

 

 ちなみに、この企画展の第2期は国内姉妹都市の紹介、第3期は海外の姉妹都市や友好都市の紹介と続きます。

| - | 12:08 | - | - |
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE