加藤けんいち日記

<< 「地域人」取材、ソーシャルワーク、歳末火災特別警戒ほか | main | 仕事始め式 >>
2020年がスタート

 2020年、令和2年が幕を開けました。

 

 昨年の暮れは、手が付いていなかった自室の片付けやら、溜まっていた所用の整理などが立て込んで、例年通りのせわしない年の瀬でした。例年よりも気温が高く、大晦日に至っては春のような陽気であったことも、年末感が薄く感じた理由かもしれません。

 

 元旦。例年通り、朝3時半に起床。5時からの民間団体の朝起き会、6時過ぎからの「お城から初日の出を見る会」、そして御幸の浜での初泳ぎとご来光と続きました。前日までの天気予報では、太平洋側は「初日の出が◎」でしたが、朝家を出るとき、まだ明けぬ空に雲が立ち込めており、その後も雲は晴れず、御幸の浜でも元旦の日輪は顔を出すことがありませんでした。それでも、天気予報で初日の出はバッチリとの報を受けてでしょう、例年以上に多くの人たちが御幸の浜に集まっており、とても賑やかな年明けとなりました。

 

 城山テニスコートでの初打ち式、地元・大稲荷神社での歳旦祭、二の丸広場での小田原城元旦マラソンのスターター、白山中学校でのバドミントン初打ち式と、元日恒例の諸行事を巡り、穏やかな日差しの中、皆さんと新年のご挨拶を交わしました。

 

 2日・3日は公務がなく、年賀状の整理やら積み残しの所用などを片付けつつ、毎年恒例の箱根・駒ヶ岳へ家族で参詣するなど、すこしゆっくりと過ごしました。4日からは、早くも各所での新年会などがスタート。4日は富士見地区新春の集い、水之尾毘沙門天、鳶職組合・古式消防記念会新年会、5日は青果・水産の両市場における初市式、川東地区駅伝競走大会、下府中地区新春の集い、小田原医師会新年会など、早くも1月の賀詞交歓シーズンに突入しています。

 

 今朝もよく冷え込み、素晴らしい日の出と快晴に恵まれての、仕事始めとなります。この日のように、明るく穏やかで、希望に満ちた一年となることを祈って、2020年の公務をスタートします。

| - | 12:45 | - | - |
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE