加藤けんいち日記

<< 友愛幼稚園50周年、早雲公シンポ | main | 西部協、ホール開館記念事業、未来の森 >>
たちばなファミリーフェスティバル、パーリーズ 10 周年

 ここ数日、晩秋の清々しい空模様が続いています。朝方の冷え込みがだいぶ進み、私の部屋も今週からヒーターのスイッチを入れるようになりました。すでにインフルエンザの予防接種は済ませましたが、寒暖の差が激しい季節、日中の暖かさについ薄着のままで過ごしがちですが、体調管理には気を付けなければと思います。

 

 3 日、朝一番で小田原アリーナへ。「関東甲信越ブロック インディアカ大会 in かながわ」の開会式に参加しました。 8 年前にも小田原で開催され、持ち回りで久しぶりに小田原へ。メインアリーナには、新潟県を含む1都 7 県から、ざっと拝見したところ 1500 人ほどの選手が集結。各地の予選を勝ち抜いてきただけに、いかにも強そうな壮年世代の男女が勢揃い、といった感じでした。私からは、開催地市長として、歓迎の辞と共に、北条氏や二宮金次郎など歴史的につながりの深い関東の皆さんが小田原に集うことの意義などに触れつつ、健闘されるよう激励させて頂きました。

 

 そこから、橘中学校へ。毎年この日に行われる「たちばなファミリーフェスティバル」の会場をお訪ねしました。今年で 28 回目となるこの催しは、橘商工会が中心となり、地域の商工業者や市民活動団体、 PTA や青少年育成団体などの地縁団体など、まさにオール橘の顔触れで開催されており、いつもながらのたいへんな賑わい。夏の終わりの「みんなの花火」と双璧をなす、この地域の結束を示す素晴らしいイベントです。会場をひと回りしながら、各出店者の皆さんと歓談。本部テントでは小野澤会長と今後の橘地域の課題などについて意見交換。皆さんの意欲に触れ、大いに元気を頂きました。

 

 夕方は、市民会館へ。小田原を拠点に活躍するガールズバンド「ザ・パーリーズ」の 10 周年記念公演に伺いました。つい先日、小田原市健康づくり PR 隊員として任命させて頂いたところですが、皆さんのステージを拝見したことはなかったので、とても楽しみにしていたところです。会場には熱心なファンの皆さんが詰めかけ、大入りに。市長室に来ていただいたベティさんの明るく伸びやかなボーカルを中心に、全てオリジナルの、やさしく親しみの持てる、そして何より元気な曲が続き、私も思わず拳を突き上げていました。コンサートの中では、健康づくり PR 隊員に任命されたこともベティさんから披露され、会場から大きな拍手。これからも益々活躍して頂きたいです!

| - | 12:02 | - | trackbacks(0) |
この記事のトラックバックURL
http://blog.katoken.info/trackback/1234872
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE