加藤けんいち日記

<< 県庁にて要望活動 | main | 南箱道路を視察 >>
横浜ビー・コルセアーズ ほか

 27 日は、スポーツ系のご来訪や催事が重なった日となりました。

 

 朝一番で来室されたのは、日本男子プロバスケットボールのトップリーグである「 B.LEAGUE (ビーリーグ)」の1部リーグ( B1 )に所属する、「横浜ビー・コルセアーズ」の皆さん。 10 月から開幕する 2019 〜 20 シーズンに向けての強化合宿が、 8 月 27 日から 9 月 4 日まで小田原アリーナにて実施されるにあたり、表敬訪問を頂いたものです。

 

 来室されたのは、代表取締役の植田さん、アシスタントコーチの山田さん、そして選手の小原さんと生原さん、ほかにもチームのスタッフの皆さん数名。横浜を本拠に活動する同チームは、県内各地で幅広く市民と交流し、バスケットの輪を広げていくことを願っておられ、その一環で小田原アリーナでもキャンプを開催されるに至ったとのこと。もとより、小田原アリーナはかつての神奈川国体の際にバスケットボールの会場としても使われた経緯があり、2016年には日本女子代表チームとセネガル代表チームの試合も行われた、バスケット仕様の施設でもあります。

 

 期間中は、本日 29 日午前中に公開練習が行われ、午後にはチーム名である「海賊」の通り、選手が浴衣姿になってファンらと交流する「海賊夏祭り in 小田原」が開かれます。 9 月 1 日には選手と一緒にバスケを楽しんだり、小中学生を対象としたバスケットボール・クリニックも予定。強化合宿ではありますが、地元市民との交流をとても大切にされています。

最後に記念撮影をしましたが、隣に立った小原選手の大きいこと!逞しくも心優しいビー・コルセアーズの皆さんに、ぜひ多くの人たちに触れてほしいと思います。

 

 夕方、この夏に神奈川県大会で好成績を収め、上位大会である関東大会や全国大会に出場した市内中学生たちが、市長・教育長への報告のため市役所に集まってくれました。

 

 ソフトテニスで白山・千代、卓球で鴨宮、体操で鴨宮・国府津、陸上で国府津、柔道で相洋、相撲で城南・泉、水泳で泉・橘と、数多くの種目で素晴らしい成績を収めた、中学 1 年〜 3 年の総勢 24 名。時間の都合で一人ひとりの感想などは聴けなかったのですが、代表で城南中学校から相撲で出場、全国大会の準々決勝まで進んだ依田蒼基君から、しっかりした挨拶を聴かせてもらい、とても頼もしく感じました。私からは、この夏の活躍は皆さんのこれからの人生の糧であり、共に鍛え合った仲間たちとの友情も大切に、更に大きく飛躍してほしい旨、お祝いと激励のメッセージを送りました。
 
 同日、競輪場で開催されていた小田原競輪開設 70 周年記念「北条早雲杯争奪戦」( G 掘砲虜能レース後の表彰式に参加。地元神奈川の郡司選手が、多くのファンの期待にこたえる形で見事勝利され、私から賞状と優勝杯をお渡ししました。バンクのすぐ横で最終レースを観戦しましたが、ものすごいスピードと駆け引きは、さすがに見応え充分。小田原高校時代の授業中にもよく聞こえてきた、ラスト一周を伝える鐘の音には懐かしさを感じました。

 

 普段、レース中に場内に入ることはほとんど無いのですが、この日は多くの来場者で結構賑わっていました。近年のファンの高齢化と減少によって、本市競輪事業の存続自体が危ぶまれる状況にありますが、頑張って運営を支えている職員や関係者の皆さんの姿に触れると、少しでも長く継続できるよう、工夫をせねばと改めて感じます。今後、業務の包括委託といった手法の検討や、老朽化した施設の現状把握などを行っていく予定です。

| - | 17:22 | - | trackbacks(0) |
この記事のトラックバックURL
http://blog.katoken.info/trackback/1234830
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE