加藤けんいち日記

<< 環境省森本事務次官、若い力 | main | ふるさと暮らしセンター、響泉さん >>
社協・ JC ・市の三者協定ほか

 7 月も中旬に入ってきましたが、向こう一週間の天気予報には依然として晴れマークが出てきません。長袖を着ていても汗をかかず、涼しくて凌ぎ易いことは有難いですが、農作物にとっては日照・気温共に不足の状態で、「冷害」のような気象状況ではないかとさえ感じます。

 

 先週末、市内では諸行事が行われていました。

 

 6 日。生涯学習センターけやきでは第48回小田原市公民館大会が開かれました。前半の部では市内にある 129 の公民館より館長や役員の皆さんが集い、優れた活動を行っている公民館や、積年の役員功労などがあった皆さんの表彰式があり、後半の部では二宮金次郎の事績について本市学芸員からの講演が行われました。会に先立って登場された市内コーラスグループ「コール・キャロット」の皆さんの歌声が、とても素晴らしかった。

 

 同日午後は、市民会館大ホールにて、小田原音楽連盟会長の白井英治先生の古希コンサート。小田原音楽フェスティバルの実行委員長をはじめ様々な機会で私もお世話になっている白井先生。優れたバイオリニストであり、音楽教育においても長年にわたりご尽力されてきた白井先生を慕う多くの人たちで、大ホールはほぼ満席。盟友である天満敦子さんとの二重奏、新しい市民ホールを視野にこの日初演となった小田原室内管弦楽団の皆さんとの共演なども素晴らしく、聴きごたえのある演奏会でした。

 

 7 日。前日と同じ生涯学習センターけやきで、この日は小田原医師会・小田原食品衛生協会・武田薬品工業・市の共催による「脳血管疾患予防講演会」が開かれ、小田原医師会・渡邊会長と共に登壇、本市の健康づくりにおける大きなテーマである脳血管疾患の予防について、改めて参加者の皆さんに取り組みへの協力を呼びかけさせていただきました。会に先立って行われた「脳卒中予防標語コンクール表彰式」では、市長賞「心がけよう!減塩 運動 血圧管理」、医師会長賞「 NO しょっちゅう!濃い味・食べ過ぎ・油もの」、食品衛生協会長賞「だし取って、塩分控えて、健康生活。」が選出されました。いずれもなかなかの出来です。


 同日、フレスポ小田原シティモールにて、小田原青年会議所( JC )の皆さんによる「防災フェスティバル」が開催されており、その中で「災害時における相互協力に関する三者協定」調印式が行われました。これは、本市において災害が発生したときに、効果的な災害救援ボランティア活動を行うため、 JC 、小田原市社会福祉協議会、小田原市が相互連携・協力して災害ボランティアセンターの運営を行おうという趣旨。調印式には、 JC の村瀬理事長、社協の小野会長、そして私の 3 者で臨み、調印後ガッチリと握手を交わしました。

 

 災害発生時の受援体制整備については、直近の小田原市議会 6 月定例会でも質疑が行われており、大規模災害が発生した場合は極めて重要な課題となります。小田原においては、社協がその中心的役割を果たすこととなっており、以前より地道に活動されていた西湘災害ボランティアネットワークの皆さんもご協力を頂くことになっています。この度、地元で日夜活動されている若手経営者の集まりである JC の皆さんがその輪に加わって頂くこととなり、実に心強く感じます。 JC の皆さんの若い力に、大いに期待したいと思います。

| - | 12:03 | - | trackbacks(0) |
この記事のトラックバックURL
http://blog.katoken.info/trackback/1234805
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE