加藤けんいち日記

<< おだわら市民学校、第 2 期がスタート | main | いっせい総合防災訓練 >>
小中学校普通教室 エアコン稼働

 今日から 7 月。梅雨前線が列島に沿うように停滞し、梅雨らしい天候が続いています。向こう一週間の予報では晴れ間がなく、気温もさほど上昇しないため凌ぎ易い日が続きそうですが、降雨が長期間にわたることによる農作物への影響や、地盤の緩みなどが懸念されます。

 

 6 月 27 日、三の丸小学校にて、「小中学校普通教室等空調設備設置事業 概要説明ボード受領式」が行われました。今年 2 月ごろから進められてきた市立小中学校 36 校の全普通教室への空調設備の設置が、この 6 月中旬には終了、その後検査を経て、先週から冷房が稼働可能となりました。今年の 7 月 1 日には稼働させるとの方針を決定した昨年 8 月の政策会議以降、教育部・建設部を中心とした庁内の連携体制により事業化を進め、極めてタイトなスケジュールの中、市内の設備・電気・建設関係事業者がオール小田原態勢で工事にあたって頂きました。無事に、予定通り 7 月前に稼働可能な状態となったことに、関係者一同大きく安堵するとともに、この事業を支えて頂いた全ての皆さんに心から感謝しているところです。

 

 この日は、設備設置がひとまず完了したことを受け、工事請負事業者である「アソー熱工業・山室電機共同企業体」の皆さんから「事業概要説明ボード」の寄贈を頂きました。これは、この事業に市内の実に多くの関係事業者が関わって実現したこと、冷暖房を可能とする仕組み(ガスヒートポンプ)の解説などを記した大型ボードで、児童生徒らにこの事業の仕組みや意義、地域の多くの人たちが支えていることなどを伝えたいとの思いで作成されたものです。アソー熱工業の関野社長から私が代表して受理、今後各小中学校に設置する予定です。


 式典では、まず私から事業者の皆さんへ心からの感謝を申し上げると共に、今後も引き続き設備のメンテナンスなども含めての協力を要請。加えて、快適な環境の中で児童生徒にはしっかりと勉強に集中してほしいとの願いを伝え、苦労した職員たちにねぎらいの言葉を掛けました。続いて、共同企業体を代表してアソー熱工業の関野社長からのご挨拶と児童生徒へのメッセージ、そして概要説明ボードの内容説明。最後に、児童生徒を代表する形で、三の丸小学校 6 年生の岡本彩佳さんから、お礼の作文が読み上げられました。


 式典終了後、長澤校長先生に校舎内をご案内いただき、エアコンが稼働している中で元気に授業を受けている児童たちの様子を拝見。小田原市内の小中学校には先行して天井に扇風機が付いているため、空気が攪拌され空調の効果がより一層高められることになります。この日の気温はさほど暑くなかったのですが、暑い夏を前に子どもたちが快適に過ごせる環境を確保できたこと、本当に良かったと思います。重ね重ね、オール小田原態勢でご尽力いただいた関係者の皆さんに、心より感謝申し上げます。

| - | 17:29 | - | trackbacks(0) |
この記事のトラックバックURL
http://blog.katoken.info/trackback/1234799
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE