加藤けんいち日記

<< 墓前祭、献茶式、シンポジウム | main | 脱原発首長会議 in 静岡 >>
北條五代祭り

 3日、爽やかな晴天に恵まれた中、北條五代祭りの本番を迎えました。

 

 午前中、報徳会館にて令和元年度の「北条五代観光推進協議会」総会を開催。加盟12市 2町の行政代表と観光協会代表が勢揃いし、昨年度の活動報告と今年度の予定、そして各地における北条五代の顕彰やイベントなどについての活動、大河ドラマ化に向けた情勢などについて情報共有が行われました。会の席上で、絹織物の産地でもある八王子市さんの協力により誕生した、北条家の家紋「三鱗(みつうろこ)」が紋様として織り込まれた絹100%のネクタイ(紺、赤、緑の3色)を紹介。ぜひ皆さんで身に着けましょうと呼びかけました。
 
 早雲公役の合田雅吏さん、氏政役の高嶋政伸さんともご挨拶。高嶋さんは、1歳8か月の息子さんと奥さんもご一緒で、息子さんに馬上の武者姿を見せられることが嬉しいと仰っていました。
 
 昼食後、報徳二宮神社の本殿前にて、草山明久宮司立ち合いのもとお祓いを受け、出陣式の会場へ。武者姿や忍者姿でパレードに参加する諸団体の皆さんに激励の言葉を掛けると共に、素晴らしい天候に恵まれたことを喜び合いました。観光協会、姉妹都市の日光市、協議会加盟の各市町の首長、近隣1市8町の首長、各議員の皆さんらと共に登壇し、目の前をビッシリと埋めた大勢の観客の皆さんにご挨拶。陣触れの太鼓を打ち、パレードへと向かいました。
 
 馬出門を出ると、お堀端通りの両側を埋め尽くす、沿道からの大声援が待っていました。三の丸小学校、かまぼこ通り、宮ノ前、青物町、国際通り、大工町、銀座通り、錦通り、お堀端通りを経る、約1時間半のパレード。例年以上の人出の多さと声援を、とても有難く感じながらの行進となりました。今年は、参加した各首長さんにも、各ご当地から来られていた市民・町民の皆さんから多くの声援がかかるように。全体として、ケガも事故もなく、無事に祭りは終了。二の丸広場で行われた名物市も大盛況でした。関係者の皆さんのご苦労を心より労いたいと思います。
  
 夕刻、報徳会館でレセプションに参加。沿道の声援がこれまでになく多かったと、パレードに参加した皆さんが共通して実感をしていた通り、昨年の22万人を上回る23万人であったと観光協会から発表がありました。石田・観光協会会長と私からのお礼のご挨拶に続き、合田さん、高嶋さんからも参加の感想及び今後への抱負が語られました。今年 3 回目の参加となった高嶋さんからは、「小田原の人たちは本当に温かい。今後も末永く宜しくお願いします」とのコメントに、参加者からはあちこちから「来年も頼みます!」と声が掛かっていました。

| - | 17:20 | - | trackbacks(0) |
この記事のトラックバックURL
http://blog.katoken.info/trackback/1234775
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE