加藤けんいち日記

<< Re農地隊、結成 | main | NINJA館、オープン >>
Fリーグ、開幕へ

 4月は、多くの方々が市長室に来られます。案件は様々ですが、多いのは年度替わりの異動に伴う離着任のご挨拶、ついで昨年度中の活動報告と今後への協力要請やご提案、新年度の取り組みについてのご案内など。庁内の事業進捗にまつわる各部局との打ち合わせが、それらの間に入ってきますので、この時期は市役所内にいる時間がどうしても長くなります。

 

 また、各種団体の総会シーズンも既に始まっており、5月いっぱいまでスケジュールが予定されています。こちらは、平日の日中だけでなく、夕方以降の時間帯、さらには週末も行われますので、諸行事が立て込むシーズンは同じ日に複数の総会に伺うことも。いずれにせよ、様々な分野でお世話になっている皆さんへの感謝を伝え、市政への更なるご協力を要請する大事な場でもありますので、できる限り伺うことにしております。

 

 ここ2〜3日の中でのご来訪を、幾つか紹介したいと思います。

 

 18日、小田原男声合唱団(愛称:小田男(おだだん))の斉藤団長らが、過日熊本で開催されたJAMCA(日本男声合唱協会)の演奏会に参加した様子のご報告に来られました。全国の男声合唱団が一堂に会する演奏会、小田男からは29名の団員が参加され、小田原で創作活動に打ち込んだ北原白秋作詞の歌曲を歌われたとのこと。また、3年前の熊本地震直後より小田原から復興支援の義援金を贈らせてもらっていることもあり、演奏会のパンフレットに小田原市長からの祝辞が大きく掲載され、司会のアナウンスの中でも熊本城と小田原城とのご縁について紹介があったそうで、小田男の皆さんも意気に感じて歌って頂けたようです。小田男は令和3年(2021年)には創設50周年を迎え、記念コンサートも計画されています。また、新しい市民ホールが開館後、今回熊本で開かれたJAMCA演奏会の小田原招致にも取り組んでいるとのこと、今後がとても楽しみです。

 

 同日、珍しいケースですが、国からの表彰伝達が市長室で行われました。長年、本市の行政相談委員をお務め頂いた田中幸子さんと鈴木祥子さんへの、総務大臣感謝状贈呈式です。総務大臣に代わって伝達を担われたのは、総務省神奈川行政評価事務所次長の高橋さん。小田原市長は伝達式に立ち会うとともに、お二人に感謝とねぎらいの思いをお伝えしました。行政相談委員は国の政策に対し国民が意見を述べたり相談をするという制度ですが、実際には暮らしの身近な課題に関する相談事が多く、そのほとんどは市政として対応すべき課題です。そういう意味では、国の制度ではありますが、市政にとっても貢献の大きい任務。離任されても、引き続き市政を支えて頂きたいとお願いしました。

 

 19日は、来月からのフットサルリーグ(Fリーグ)開幕を前に、小田原アリーナをホームとする湘南ベルマーレフットサルクラブの皆さんが表敬訪問に来られました。小田原出身の高橋広大選手をはじめ、代表取締役の古川さん、監督の奥村さん、スタッフの遠藤さん、そしてアンバサダーにご就任されている前大井町長の間宮さんらと、今シーズンに向けた展望などについて語り合いました。昨シーズンは4位と大活躍した湘南ベルマーレ、今シーズンは当然ながら上位定着、そしてトップスリーを目指します。開幕戦は5月25日の名古屋オーシャンズ戦、そしてホーム開幕戦は6月1日のペスカドーラ町田戦。開幕ダッシュを決め、大いに暴れてほしいと激励しました。今シーズンも、小田原を挙げて応援していきましょう!

| - | 18:06 | - | trackbacks(0) |
この記事のトラックバックURL
http://blog.katoken.info/trackback/1234767
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE