加藤けんいち日記

<< 穏やかな週末 | main | SDGs全国フォーラム >>
井手教授の授業、警察武道始式

  28日は、終日強い風が吹きました。朝のうちは南からの風が入り、花粉の飛びそうな、春先を思わせる陽気でしたが、夕刻にはすっかり冷たい風に。相変わらずの乾燥続きで、日中訪れた三の丸小学校では、運動場の砂塵が激しく舞い上がっていました。

 

  お昼前、三の丸小学校で行われた、慶應義塾大学の井手英策教授による特別授業を参観させて頂きました。ご子息が三の丸小学校に通われていることもあり、専門分野でもある「税」について、6年生の3クラスに授業が行われたものです。昨今の分断社会に警鐘を鳴らし、誰もが少しずつ負担をすることで誰もが受益者になるような、弱者を生まない社会への取り組みを提唱されている井手教授。この日の授業では、そもそも「税」って何?といった問いかけや、みんなが少しずつ負担することで社会が豊かになることを、身近で分かり易く、また関心を持ちやすい話題を通じて語りかけられていました。

 

  日頃、大学で教鞭を執っておられるとはいえ、小学生たちに「税」というものの本質を分かり易く伝え、なおかつ一人ひとりの意見を丁寧に聴き入れ、そして考えさせる授業の進め方はさすがであり、私たちが日頃取り組む広報広聴のあり方にも大いに示唆を頂きました。

 

  午後、お隣の小田原警察署にて、「平成31年小田原警察署武道始式」が開催されました。署員の皆さんが、日頃取り組んでいる鍛錬の成果を披露する場で、剣道・柔道・逮捕術などが次々と披露される、新年恒例の催しです。私も毎年拝見するのを楽しみにしています。

 

  この日は途中からの観覧だったのですが、署内対抗の剣道の決勝戦から始まり、柔道・剣道の5人掛け、防具を付けて行われる逮捕術の試合などの武術に加え、最近目玉の出し物となっている、署員による犯罪防止の寸劇(といっても、しっかり3幕ある本格的なもの)、更には津軽三味線と和太鼓の演奏などもあり、多彩で見ごたえのあるプログラムとなっていました。

 

  日頃は制服に身を包み、その素顔はなかなか見えにくい存在ですが、道着だけをまとい、生身の肉体を躍動させ、若さをほとばしらせている署員の皆さんの姿は、実に頼もしいです。できれば、多くの市民の皆さんにこの武道始式を見せたい。いつもそんな思いに駆られます。

| - | 17:17 | - | trackbacks(0) |
この記事のトラックバックURL
http://blog.katoken.info/trackback/1234722
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE