加藤けんいち日記

<< 郵便局・コンビニでのサービス開始 | main | マロニエふれあい公園 完成 >>
小田原短期大学と協定締結

  15日、学校法人三幸学園小田原短期大学と小田原市との間で、「小田原市と小田原短期大学との連携及び協力に関する協定書」が締結されました。

 

  眼前に小田原城を望み、眼下には広大な相模湾を見渡せる、春には桜の美しい高台に位置する小田原短期大学では、実践的教養と職業的能力を身に付けた女性の育成を目指し、食物栄養学科と保育学科が設置され、多くの学生さんが学び、そして巣立っています。人材育成の専門分野が子育てや食、保健や健康増進などに直接かかわることから、少子化や高齢化にまつわる地域課題の解決にも繋がっていけばと、同学と小田原市では長年にわたり様々な分野で連携事業を行ってきています。代表的なものは、乳幼児とその保護者たちが話をしたり一緒に遊んだりしながら楽しい時間を過ごす「おだたんひろば」、マロニエで開設されている「子育て支援センター」の運営、「児童プラザラッコ」「赤ちゃんひろば」などの運営・開催、「子育て支援フェスティバル」への協力、「おだたん食育村」の開催など、多岐にわたっています。加えて、総合計画をはじめ行政の様々な審議会にもご専門の立場から数多くご参画頂いているなど、本市の取り組みにおいて同学はたいへん重要な役割を果たして頂いてきました。

 

  歴代のそうした取り組みをより一層強化・拡充していくべく、昨春に学長に就任された吉田眞理学長からのご提案も踏まえ、この度の協定締結に至ったものです。内容としては、本市と小田原短期大学が積み重ねてきたこれまでの協力関係をより一層強化することにより、人材育成・学術の向上を図り、地域の発展に寄与することを目的とし、,泙舛鼎り及び地域の活性化に関すること、⊃雄牋蘋及び子育て支援・教育に関すること、J欸髻Ψ鮃増進に関すること、い修梁樵鮎鬚量榲を達成するために必要なこと、の各事項について相互に連携および協力するというもの。

 

  幼児教育や子育て支援の専門家でもある吉田学長には、本市の教育委員も務めて頂いており、ここ数年で市と同学との関係はより緊密になってきていたところです。今回の協定締結により、学生さんたちにとっては「地域」という実践現場で生きた学びができること、行政や小田原市民にとっては各専門分野を学ぶ学生さんたちや各専門の先生方のご協力とご指導により地域課題の解決が図られること、また将来各現場を担う人材育成を行っていただけることなど、双方に大きなメリットがあります。今後の更なる関係強化と取り組み進展を目指す今回の協定締結を、本当に嬉しく、また心強く思います。

| - | 17:10 | - | trackbacks(0) |
この記事のトラックバックURL
http://blog.katoken.info/trackback/1234714
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE