加藤けんいち日記

<< 小田原レディスクリニック、開院へ | main | 2019年がスタート >>
歳末火災特別警戒、複数の嬉しいご報告

  26日夜、歳末火災特別警戒の出陣式が、小田原市消防本部南側にある鴨宮運動広場で行われました。昨年の出陣式は強い風が吹いてとても寒かったのですが、今年は暖冬傾向で風もなく、多くの来賓や地域の皆さんに見守られた中、小田原消防署および市内22個分団の皆さんは凛々しく特別警戒へと出発していきました。私と消防団長から激励の訓示を行い、大晦日までしっかりと警戒をお願いするとともに、年末に向けて厳しくなる寒さの中、体調管理や事故などには十分注意するよう呼びかけました。消防関係の皆さんにとっては、この歳末火災特別警戒と、新年の消防出初式が終わらないと、新しい年を迎えた気がしないとのこと。火災のない、穏やかな年末年始となるよう祈っています。

 

  26日・27日の2日間で、嬉しいご報告が複数ありました。

 

  まず、バレーボールチーム「曽我クラブ」が、11月上旬に行われた「第67回全国青年大会バレーボール競技」で初優勝、全国制覇のご報告。9人制チームで、最年長が32歳、みな小中学生の頃からバレーボールに取り組んできた若者ばかり。監督の久保寺さん、マネージャーの神保さん、コーチの伊藤さん、キャプテンの関拓也さんほか選手の皆さんが、嬉しい報告と今後への抱負を聴かせてくれました。まだまだ伸び盛りのチームであり、私からは「ぜひ連覇を!」と激励させて頂きました。

 

  PTA関係では、11月下旬に開催された日本PTA創立70周年記念式典にて、皇太子夫妻、文部科学副大臣、衆参両院議長らの見守る中、本市から3人のPTA関係者が「日本PTA会長特別表彰」を受賞されました。10年間にわたり小田原市や神奈川県での活動に貢献した土谷隆之さん・益田麻衣子さん、昨年度市P連会長であり現在も大窪小学校PTA会長など活躍されている大木富男さん。私も以前芦子小学校のPTA会長などを務めさせて頂きましたが、そのころから比べると、ここ最近のPTA活動やコミュニケーションは大変活発。そうした活況を創り出してきた3名の皆さんに、私からも感謝の思いを伝えさせていただきました。

 

  伝統芸能の分野では、11月上旬に名古屋で開催された「平成30年度地域伝統芸能全国大会」にて、相模人形芝居下中座が会長を務める相模人形芝居連合会が、「地域伝統芸能大賞地域振興賞」を、神奈川県内では初めて受賞。会長団体である下中座の皆さんが式典に参加、座長の林美禰子さんが代表で受賞するとともに、2000人を超える来場者の前で下中座の演目が披露され喝采を浴びました。これまでにも様々な賞を頂いてこられた下中座ですが、小田原が誇る伝統芸能の受賞を、本当に嬉しく、また誇らしく思います。

 

  健康づくりの取り組みの一環として、小田原食品衛生協会の皆さんと市健康づくり課が協働で取り組んできた「適塩・健康メニュー」が、市内の飲食店で提供されることとなり、その店舗のマップとメニューをひとまとめに掲載した「健康おだわらイイ塩梅(あんべえ)マップ」が完成、協会の花田会長、山本副会長、栗田専務理事の皆さんが報告に来てくださいました。「減塩」による薄味化への懸念など難しい面もあったようですが、協会の皆さんの呼びかけによって30近い飲食店でメニュー化が実現。マップに掲載されたメニューはどれも本当に美味しそうで、できれば全て食べてみたい・・・。このフェアは1月15日から3月15日までの限定的な取り組みですが、好評を博せば、ぜひ継続していただきたいものです。マップは市役所やハルネ、市内医療機関などで配布中。

 

  今日で今年の公務も仕事納め。市民の皆さんが、明るく健やかに新年を迎えられますよう。

| - | 17:52 | - | trackbacks(0) |
この記事のトラックバックURL
http://blog.katoken.info/trackback/1234706
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE