加藤けんいち日記

<< 県内初の水田型ソーラーシェアリング | main | 楽友協会解散ほか >>
氏政・氏照公墓前祭、パリ祭

  11 日は、朝から東京へ。全国市長会の財政委員会・都市税制調査委員会の合同会議に出席。総務省自治財政局長、同省自治税務局長より、国及び地方自治体の財政を巡る状況認識と今後の動きなどについてレクチャーを受けるとともに、国への重点提言の内容確認などを行いました。社会保障関連費用の激増、各種公共インフラの一斉の老朽化など、地方が直面する困難な財政状況に対し、国などの税財源をどのように配分し、課題解決を進めていくのか。現行の税財源で足りない部分を、どのようにやりくりし、あるいは補充していくのか。待ったなしの議論と打開策が必要です。

 

  午後、北條氏政公・氏照公の墓前祭に参列。北條遺跡顕彰会の皆さんが毎年行っていただいているもので、今年も墓所のある「おしゃれ横丁商店会」の皆さんをはじめ、関係者の皆さんが多数集い、墓前にてご供養をさせて頂きました。今年が小田原開府 500 年、来年が早雲公没後 500 年ということで、北條関係の取り組みが様々に動いていることもあってか、例年よりも集う人たちが多い墓前祭となりました。またここ数年来、氏照公ゆかりの八王子などからも墓参に訪れて頂く方も多くなっています。有難いことです。

 

  夕刻、市民会館大ホールで開かれていた、第 6 回「小田原パリ祭」へ。シャンソンの祭典として、著名な歌手を含む大勢の歌い手の皆さんが集い、華やかなステージが繰り広げられる催し。小田原でシャンソン教室を開かれている鎌田佳代子さんを代表とする「小田原パリ祭実行委員会」の皆さんをはじめ、シャンソンを愛する多くの皆さんのご尽力で開催が重ねられています。

 

  この日は、第 2 幕の冒頭に舞台でご挨拶をさせて頂く機会があり、前田美波里さんの司会に導かれ、壇上にて前田さんと掛け合い、ご挨拶。すらっとした長身に青いドレス、真っ赤なルージュの前田さんは、とても素敵でした。サプライズゲストとして、小田原ふるさと大使の合田雅吏さんもご登壇。来年のパリ祭ではシャンソンを歌いますと宣言され、会場は大いに沸いていました。

日頃、各種総会やシンポジウムなどで大ホールの壇上に立つことはよくありますが、一流の歌い手の皆さんが煌びやかに登場するステージの雰囲気は、いつもと勝手が違い、いささか緊張しました。

| - | 12:10 | - | trackbacks(0) |
この記事のトラックバックURL
http://blog.katoken.info/trackback/1234609
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE