加藤けんいち日記

<< 安陽市から訪問団 | main | アジサイの季節 >>
かながわ西結婚推進協議会

  7 日夕刻、安陽市からのご一行を迎えての歓迎会をいったん中座し、報徳会館へ。一般社団法人「かながわ西結婚推進協議会」の設立記念の会に出席、お祝いの言葉を述べさせて頂きました。

 

  この協議会は、平成 17 年に設立され 13 年にわたる活動を行ってきた「箱根・小田原ブライダル協議会」が、その活動の充実強化に向け、ここで一般社団法人に移行、併せて名称も変更したものです。ブライダル協議会では、箱根と小田原にて結婚式場などを運営するホテルや神社などが連携し、この地域の恵まれた自然環境や歴史文化の中で人生の一大イベントを執り行っていただくことの素晴らしさを伝えると共に、心を込めた質の高いウェディングサービスを提供し、たくさんのカップルの幸せを後押ししてこられました。

 

  それぞれの挙式においてベストのサービスを提供し、カップルにとって終生の思い出の地として深く胸に刻んで頂くことは勿論、それ以外にも、東日本大震災で被災したため結婚式が挙げられないカップルとご親族を招いての結婚式のプレゼントや、小田原城天守閣を背景にした本丸広場での結婚式、香港や韓国のカップルが小田原で結婚した際に市役所で婚姻届受理証明書を発行するリーガルウェディングなど、その時々でのタイムリーな、あるいは話題性や広がりのある企画に意欲的に取り組んで来られました。

 

  新たな協議会の加盟企業は、「オーベルジュ オー・ミラドー」「小田急 山のホテル」「ザ・プリンス 箱根芦ノ湖」「箱根ホテル」「ヒルトン小田原リゾート&スパ」「富士屋ホテル別館(宮ノ下)」「報徳二宮神社 報徳会館」「ホテルグリーンプラザ箱根」「湯本富士屋ホテル」「箱根湯宿 然」。いずれも、箱根・小田原の高いクオリティを象徴する施設ばかり。会長には報徳二宮神社の草山明久宮司が就任。私と箱根町・山口町長は、ブライダル協議会から引き続き顧問を拝命しました。

 

  人口減少と少子化、そして晩婚化・非婚化が進む現代において、「結婚」することの素晴らしさや歓びと、そこから育っていく幸せを拡げていくことは、極めて大切。協議会の名称は、「結婚推進協議会」と、まさに直球勝負の印象がありますが、それだけ構成メンバーの皆さんの熱意が真正面から伝わってきます。箱根・小田原が、単なる観光的な魅力だけでなく、人生のなかでの最大のイベントであるブライダルの聖地として、訪れる人々の心に刻まれていくような地域となるためにも、この協議会の大いなる発展を期待するものです。

| - | 12:38 | - | trackbacks(0) |
この記事のトラックバックURL
http://blog.katoken.info/trackback/1234592
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE