加藤けんいち日記

<< 災害廃棄物処理で協定締結 | main | いこいの森整備に感謝 >>
グッジョブおだわら最終審査

 29 日午前中、平成 29 年度に実施された市役所各所管としての自主的な取り組みの中から、優れた成果を挙げたものを表彰する「グッジョブおだわら」最終審査が開かれました。評価の観点は、経費削減、業務効率化、市民サービス向上、職場の活性化など。

全体としては 15 部局 35 課室等から 51 件の応募があり、うち「チャレンジ部門」には 29 件、「身近な改善部門」には 22 件。 1 次審査・ 2 次審査を経て残ったチャレンジ部門 4 件につき、市長・両副市長・教育長での最終審査を行ったものです。

 

 結果、大賞には都市政策課による「板橋・南町地区『歴史的資源を通じた賑わいと交流のまちづくり』都市再生整備計画の策定」。金賞には文化政策課による「設計者を重視した 2 段階方式による新たなデザインビルドプロポーザル」。銀賞には企画政策課・教育総務課・学校安全課による「旧片浦中学校の活用」、銅賞には広報広聴課による「ふるさと応援寄附金の大幅な増加」。いずれも本市にとって重要な取り組みであり、特に大賞は、長年の懸案である中心市街地周辺の諸課題を取り込みながらコンパクトシティのデザインとしてとりまとめ、その財源確保に大きく道を開いたものであり、また金賞は積年の懸案であった市民ホール整備における合理的な解決策を実現したものとして、高く評価されるべきものです。

 

 このほか、身近な改善大賞としては、教育指導課による「受付窓口の表示方法改善」。地味ですが、身近に誰でも取り組める改善を、教育部のフロア全体を巻き込んで取り組んでいるもので、今後全庁的な波及が期待できます。最も提案の多かった「グッチーム賞」は、広報広聴課。

 

 いつもながら、全般を通じて、目の前の難しい課題に取り組む職員の姿勢と、チャンスを確実にものにしてきた機動力と工夫、それを成果化するチーム力を、たいへん心強く感じました。今年度も多くのグッジョブが生まれることを期待します。

| - | 12:06 | - | trackbacks(0) |
この記事のトラックバックURL
http://blog.katoken.info/trackback/1234586
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE