加藤けんいち日記

<< 掛川、御殿場 | main | 香港のカップル、小田原で挙式 >>
北条早雲公顕彰五百年事業実行委員会

  10 日、市役所にて「北条早雲公顕彰五百年事業実行委員会」の設立総会が開かれました。

 

  1519 年に北条早雲公が没してから、 2019 年は 500 年という節目を迎えます。また、早雲公没の前年である 1518 年は、早雲公から息子である 2 代・氏綱に家督が譲られ、小田原城がいわば正式に北条氏の拠点となった年であり、 2018 年は「小田原開府 500 年」となります。この二つの節目を捉え、小田原を中心に北条氏ゆかりの自治体が手を携え、北条氏の優れた統治理念や治世を顕彰し、その功績について広く発信、もって各自治体の地域振興や人づくりなどに繋げていこうとの趣旨で、 2018 年度・ 2019 年度の 2 か年にわたり、諸事業を行っていくこととしたものです。

 

  来る 5 月 3 日の北條五代祭りの翌日に、小田原城址公園本丸広場にてキックオフイベントを行うことを皮切りに、沼津・長浜城址など各地の支城で開催されるイベントとの連携、小田原城での特別展、北条氏の事績に学ぶ連続講座の開催、様々な媒体を通じた情報発信など、年間を通じての諸企画を計画しています。また、早雲公没後 500 年となる来年はさらに企画を強化する予定です。

 

  設立総会には、小田原市観光協会、 FM 小田原、小田原箱根商工会議所、小田原市商店会連合会、小田原ガイド協会、さがみ信用金庫、 J:COM 小田原、小田原市事業協会、小田原まちづくり応援団、戦国魂(蠱楼萠鮖乏萓化研究所)の代表の皆さんが勢揃い。会長には小田原市長が、副会長には観光協会会長および FM 小田原代表取締役がそれぞれ選出され、揃いの法被で事業の成功に向け気勢を上げました。

 

  桜の季節が過ぎ、小田原全体が新緑に包まれ、一年で最もにぎわう北條五代祭りがすぐそこまで迫っています。小田原のまちの元となる姿を築き上げた北条氏を顕彰し、大いに盛り上げるべき節目。オール北条でしっかりと、かつ賑やかに取り組んでいきたいと思います。

| - | 12:35 | - | trackbacks(0) |
この記事のトラックバックURL
http://blog.katoken.info/trackback/1234554
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE