加藤けんいち日記

<< 報徳の市町を行脚 | main | 掛川、御殿場 >>
新緑の季節へ

  6 日の午後から深夜にかけ、台風のような強い風雨が通り過ぎました。辛うじて枝に留まっていた桜の花は、これで一気に散り去って、入れ替わるように新緑が芽吹き始めています。この週末、当初の予定では満開の桜の下で行われる各地の「桜まつり」「観桜会」系イベントも、すっかり衣替えをした木々の下で賑やかに行われたことでしょう。

 

  新年度が始まり一週間が経過、市役所にも様々な団体の皆さんが新年度の新たな顔ぶれのご挨拶ということでお訪ね頂いています。 6 日は、小田原箱根商工会議所青年部の新役員の皆さんが来てくれました。地域経済を中核で支える青年経営者として、また小田原のまちづくりを支える若手経済人として、市政運営においてもたいへん頼りにしている青年部の皆さん。新会長の松下さん率いる顔ぶれはとても頼もしく、大いに期待をしています。

 

  同日、市役所では入庁 5 日目を迎えた新採用職員に、私から「市長講話」として 1 時間半ほどレクチャーを実施。それに先立つ自己紹介では、この日参加した 50 名近い職員一人ひとりから、自己PRと今後への抱負を聴きました。今年も多士済々が揃ったと実感、今後の成長と活躍がとても楽しみです。

 

  週末の 7 日、市内各所でのイベントや総会に参加。お堀周辺の桜がすっかり葉桜へと移りつつある中、小田原城二の丸広場では、恒例の「小田原おでんサミット」。全国14のご当地おでんが集結、強い風の吹く中でしたが開会早々各ブースには長蛇の列ができており、大勢の人たちが各地自慢のおでんを頬張っておられました。

 

  「沼代 桜の馬場」で例年行われる川東地区体育連盟の観桜会は、悪天候の事前予報を受け今年も「下中老人憩いの家」にて開催。川東地区のスポーツ関係者で大いに賑わいました。また、桜井地区で毎年行われている「報徳桜を守る会」主催の観桜会も、東栢山の「みどりの広場」で開催、トラックを持ち込んで設営された舞台の上で、地元の子どもたちの太鼓や地域の皆さんのカラオケなどで、こちらも盛り上がっていました。

 

  市民会館では、小田原市子ども会連合会の総会。年々加入率が下がる傾向にある子ども会ですが、地域の中で子どもたちが育っていく環境づくりはとても大切なものであり、市としても一緒に取り組んでいく旨、集まった各単位子ども会の役員の皆さんにお話しさせて頂きました。

| - | 12:58 | - | trackbacks(0) |
この記事のトラックバックURL
http://blog.katoken.info/trackback/1234552
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE