加藤けんいち日記

<< 中国の学生さんたち | main | 新緑の季節へ >>
報徳の市町を行脚

 4日・5日の2日間をかけて、報徳のご縁で繋がりのある茨城及び栃木の6つの市町を廻らせて頂きました。要件は、この秋に予定している全国報徳サミット小田原大会のご案内と、現在制作中の映画「地上の星‐二宮金次郎伝」への協力要請です。いずれも、報徳の訓えや実践活動に関心のある者にとっては、とても大事な取り組みであり、全国の17市町村が加盟する「全国報徳研究市町村協議会」の今年度会長として、そのいずれもの成功を期して、報徳関係者が力を合わせていきましょうとの呼びかけをさせて頂きました。

 

 お訪ねしたのは、4日には栃木県の茂木町、那須烏山市、日光市。5日には真岡市、茨城県の筑西市、桜川市。各市町で活動されている、報徳会や一円融合会といった報徳関係団体、郷土史などを研究しておられる団体、更には報徳関連史跡の周辺自治会の皆さんなどに、それぞれお集まり頂き、私から説明及び状況報告を行い、また皆さんと意見交換。加えて、各市町の役所も訪問。茂木町の古口町長、那須烏山市の川俣市長、日光市の齋藤市長、真岡市の石坂市長、桜川市の大塚市長、および各市町の副市長・副町長や教育長の皆さんにもご挨拶をさせて頂きました。

 

 サミットは、10月12・13日を予定しており、ここ数年ややパターン化している内容に工夫を加え、テーマを明確にして掘り下げるような内容にできればと考えています。また、このサミットに合わせて、映画「地上の星」のお披露目ができるよう、映画の製作も進められています。

 

 映画については、現在撮影が順調に進んでいます。昨年秋に日光市にて稲刈りなどのシーンの撮影が行われたのを皮切りに、俳優陣の決定、子役やエキストラの募集などを経て、3月からは成田山での場面や、桜町への赴任など、俳優が絡むシーンの撮影が順次行われているようです。並行して、映画の製作を支える資金集めも、市民応援団の皆さんをはじめ関係者のご尽力によって進められています。今回の訪問では、こうした資金面の推譲に加え、作品完成後の上映協力についても、お願いをさせて頂いたところです。


 いずれにせよ、後世に残る映像であり、素晴らしい作品を作って頂く上でも、またそれを多くの人々に見て頂く上でも、報徳にゆかりのある皆さんがしっかり連携し、力を合わることが必要。引き続き、局面を捉えて各方面に呼びかけを行っていこうと思います。

| - | 17:30 | - | trackbacks(0) |
この記事のトラックバックURL
http://blog.katoken.info/trackback/1234551
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE