加藤けんいち日記

みなべ町で梅サミット

  平昌五輪での連日の金メダルに、国内が沸いています。大けがという苦境を乗り越え、揺るぎない強さを見せた羽生選手。他の追随を許さぬ探求心と鍛錬を積み重ね、無敵の速さを確立した小平選手。想像を絶するであろう重圧の中、「自分との闘い」であったと述懐する二人に、強い信念とそれを支える精進を重ね持つことの大切さを思い知らされます。自分の人生において、高い目標を掲げて歩もうとする人たちに、二人の生き様は大いなる励ましを与えていくことでしょう。

 

  16日、早朝のひかり号に乗車、新大阪から特急くろしお号に乗り継いで、お昼前には和歌山県みなべ町へ。同町で開催された、今年で23回目となる全国梅サミットに参加しました。みなべ町には、平成25年6月に、全国随一の梅生産量を誇る同町の、生産・加工・流通が一体となった仕組みを学ぶべく訪ねて以来、5年ぶりの再訪。梅の開花は小田原でも例年より少し遅いですが、みなべ町でもやはり寒い冬だったようで、名産の南高梅が例年なら見頃を迎えるところ、今年はまだ1〜2分咲きといった感じでした。

 

  午後から始まったスケジュールでは、地元・みなべ町の小谷町長の歓迎の辞から始まり、加盟13市町の首長や代理出席者によるふるさと紹介。その後、講演として、和歌山大学地域活性化総合センターの岸上准教授より「地域資源・観光資源としての梅(UME)」、続いて和歌山県立医科大学の宇都宮准教授より「梅の効能について」。その後、会場を移し首長会議と総会などが行われました。

 

  講演が行われた会場には、地元から生産者と思われる多くの町民の皆さんも参加し、熱心に講演に耳を傾けている姿が印象的でした。みなべ町は、町全体が「梅」によって成り立っている町といっても過言ではないくらい、梅関連の仕事が地域経済の大黒柱となっています。数ヘクタールの栽培規模を持つ専業農家群がその主力であり、農家で一次加工された梅干しを更に加工する数多くの加工メーカー、販売事業者などが分布しており、それぞれが弛まぬ工夫と努力を積み重ね、品質の向上、付加価値の拡大を続けてきました。もちろん、行政もそれを支えるべく、全国で唯一の「うめ課」という組織をもっており、民間とがっちりスクラムを組んで「梅」を育てています。

 

  2017年、このみなべ町の梅生産のシステムは、世界農業遺産として認定されました。まさに、日本では唯一みなべ町だけにある、川上から川下までがひと連なりになり、有機的に支え合っている営み。生産体制、出荷量、加工技術など、みなべ町と同じようにはできませんが、兼業農家主体で高品質の「十郎」を育て、付加価値の高い製品を作ってきた小田原の梅産業においても、みなべ町の取り組みから学べるところは意欲的に取り入れ、地域を代表する地場産業として継続・発展を目指していきたいと、改めて思いを深めました。

| - | 17:37 | - | trackbacks(0) |
コートジボワールから

  今年は1月から、市内での火災が多発しています。昨年1年では36件と、近年の減少傾向を示していましたが、今年に入り既に12件。しかも、火災により亡くなった方が2人と、被害の大きな火災が目立ちます。昨夜も城山にて、7件延焼、お一人が亡くなる火災が発生。昨夕、市内の防災無線にて、火災への注意を促す放送を入れたばかりでした。まだ寒い日が続くので、火の元の管理など、十分な注意が必要です。
 

  14日、西アフリカのコートジボワール共和国のお客様が来室されました。同国の駐日大使館アタッシェ(アタッシェ:大使館などで専門分野を担当する職員の意)であるバカヨコ・コナベ・ヴァメ博士と、同国における水産振興をお手伝いされているNPO「海のくに・日本」の白石理事長および佐藤編集長などの皆さん。

 

  同国では、人口増加に伴い魚食の需要が拡大しているものの、自国の漁業により供給できる魚食は国内需要の半分にも満たず、その多くを隣国などからの輸入で賄っているそうで、今後内水面漁業などに力を入れるとともに、魚の加工技術の獲得により付加価値を高める方向を模索しています。その際に、「すり身」加工の技術に着目しており、その点でNPO「海のくに・日本」の皆さんが現地入りし、技術や調理法を同国の漁業に携わる女性たちに伝える活動を、ここ数年来行っておられるそうです。

 

  そうした取り組みの一環として、昨年も日本各地の取り組みを視察、その中で小田原の小田原漁港周辺の施設などを訪ねられたようで、今年も引き続き、博士や白石理事長らが魚市場のセリや水産関連施設、水産技術センター相模湾試験場、鈴廣のかまぼこ工場などを視察。小田原との関係構築にとても意欲を持っておられるということで、大使館アタッシェとして水産分野を担当する博士の意向で、市長室を表敬訪問頂いたものです。

 

  コートジボワールに関しては、私もほとんど事前知識がなく、ネットで入手した資料を通じてしか把握できていませんが、水産関係のご縁で民間を中心に何か繋がりが生まれるようであれば、市としても何らかの応援ができるかもしれません。今後も情報共有をしていましょうと、握手を交わしました。

| - | 12:00 | - | trackbacks(0) |
印刷局小田原工場を視察

  13日、酒匂にある国立印刷局小田原工場をじっくりと視察させて頂きました。印刷局の皆さんとは、年に数回、新年のご挨拶や年末のご寄付、労働組合の皆さんとの交流などでお会いしており、かねてより、一度ゆっくり工場内をご案内したいとのお話を頂いていました。昨年春から着任されている中川工場長、小田原・足柄地域連合の議長でもある全印刷局労働組合小田原支部の下川委員長から、具体的なご提案を頂き、ようやく実現に至ったものです。

 

  小田原市民の多くは、小田原に「印刷局」があることは知っていると思いますが、「お札を刷っているところ」といった認識がほとんどではないかと思います。小田原工場は、まだ小田原市制が敷かれる前の酒匂村の時代、昭和16年に設置され、今年で77年を迎える、市内でも最も古いクラスの事業場です。小田原に立地した理由は、優れた水質をもつ酒匂川の水で、紙幣のベースになる「紙」を作るところから行うためで、現在の富士見大橋付近の酒匂川の地下より取水した水を4劼曚描水し、その水で工場内にて、いわば紙漉きのような工程を行っています。そこで作られる紙に、日本が誇る偽造防止技術の粋を凝らした印刷が施され、厳格な品質および数量管理を経て、最終製品である紙幣が作られ、日本銀行に収められているのです。

 

  今回の視察では、中川工場長や下川委員長らのご案内により、広大な構内を、製造プロセスを追うようにご案内いただきました。まずは製紙プロセス。国産の「みつまた」や、東南アジア産の「アバカ」といった、紙の原料になる植物の繊維の裁断とほぐしから始まって、それらを水で攪拌したものを、和紙の紙漉きの要領で脱水、平滑化させ、熱や圧力を加えてロール状の紙が作られていきます。次の行程では、それを裁断、厳格に枚数管理などを行って印刷工程へとつなげていきます。印刷に用いるインクも、すべて工場内でオリジナルにブレンドされたものが用いられ、高度な偽造防止技術を印刷工程で刷り込むほか、お札の左下には特殊なホログラムを貼付、紙幣のナンバリングなどが行われます。刷り上がった紙を、細心の注意を払って裁断、私たちが目にする紙幣の形が現れます。最後は、千円、五千円、一万円それぞれの紙幣ごとに束ねられ、日本銀行に収める荷姿にまとめられます。

 

  簡単に書きましたが、それらの行程はかなりの部分がコンピュータ制御による自動化が導入されており、ひとつの間違いも無いよう、熟練の職員の皆さんが緊張感をもって工程管理にあたっておられます。ラインはそれぞれ2交代や3交代制で、ほぼ止まることなく稼働しているとのこと。

 

  工場内の視察に続き、隣接する国立印刷局研究所も訪問。この研究所は、かつて東京・王子の地にあったものを、平成3年に小田原の地に移転完成。内堀所長のご案内により、研究所内で進められている数多くの技術研究の成果のうち、いくつかのものについてご紹介を頂きました。偽造防止につながる様々な技術のすごさに、目を見張りました。

 

  午前中2時間半をかけた視察を通じ、工場で約900人、研究所で約100人の皆さんが働く、極めて高い技術と製造ノウハウが蓄積された事業場であること、国内では岡山と小田原でしか行われていない製紙工程を持っていること、世界的に見ても圧倒的な高水準を誇る、紙幣の強さと偽造防止技術を満載した紙幣がこの小田原で作られていること、国内で国民が使う紙幣の4割くらいは小田原で作られたものであることなど、改めて印刷局小田原工場の凄さを学ばせていただいた貴重な機会でした。

| - | 17:17 | - | trackbacks(0) |
流鏑馬

  11日、春の到来を感じる温かな陽射しのもと、32回目となる流鏑馬が下曽我にて開催されました。前日の夜に雨が降り、馬場となる農道や、観客席となる田んぼがぬかるむのではないかと心配しましたが、ほとんど影響はなく、良いコンディションでの開催となり安堵。原梅林など周辺の梅は早咲きの十郎がだいぶ開花しており、多くの観梅客が続々と来場していました。

 

  関係者が揃っての神事、「天長地久(てんちょうちきゅう)の儀」という式に続いて、流鏑馬が始まります。天下泰平・五穀豊穣を願い、武田流一門の射手の皆さんが、5頭の馬に跨って梅林を背に疾駆する光景は、毎年のことながら見応え充分。姉妹都市交流で日光東照宮の例大祭における流鏑馬も拝見することがありますが、周囲の景観、馬場の長さ、そして馬のスピードなどを比べると、この下曽我の流鏑馬はなかなかのものだと、いつも誇らしく思います。

 

  射手の弓が的を射るたびに、沿道の観客から大きな歓声が上がり、全体として大いに盛り上がったようです。梅まつり実行委員会、小田原市観光協会、特に馬場や客席の整備を担当された地元の川久保組さんをはじめ、設営に当たられた地元の皆さんや関係者の方々に感謝です。

 

  同日午後、市役所にて市民ホールの説明会を行いました。この日は、先月に事業協定を締結した「鹿島建設・環境デザイン研究所共同企業体」の皆さんより、改めて新しいホールの概要や、両事業者のホール関係の施工実績などについて、詳しく説明を受けました。既に基本設計の作業は始まっていることもあり、より良い施設の実現に向け整備事業の細部にまで検討が進んでいる様子が窺えました。

 

 会場には、小田原市文化連盟の関口会長や杉崎事務局長をはじめ、市内の文化団体の皆さんも多数詰めかけ、それぞれの活動で使用することをイメージしながら、熱心に説明を聴いておられました。大ホールの音響や客席配置、小ホールの様々な利用形態、施設内に複数展開する展示スペースや広場など、当初の予算より10億円減額している中でありながら、かなりの機能が、しかも高い質をもって整備されるものと期待できる内容です。

 

  急ピッチで進む設計作業には、実際に使われる皆さんからの意見なども可能な範囲で受け止め、反映させていくことになります。しっかりと取り組んでいく考えです。

| - | 12:05 | - | trackbacks(0) |
湘南ベルマーレ、開幕間近

  10日の夜から雨が降り、11日は春のような陽気に包まれたものの、12日からはまた冬の冷たさに引き戻されました。三寒四温にはまだ少し早いのかもしれません。それでも、早咲きの十郎が見頃を迎えつつある曽我の梅林、紅白の梅がよく咲いている城址公園周辺を通れば、季節は着実に巡っていると感じます。

 

  9日、湘南ベルマーレの皆さんが市長室に来訪されました。昨シーズンのJ2制覇の報告に加え、2月24日に開幕する今シーズンのJ1での戦いに向けた抱負を語ってくれました。

 

  来室されたのは、湘南ベルマーレの水谷社長、選手の後藤雅明さん(GK)、鈴木国友さん(FW)、スタッフの佐藤光さん。昨シーズンは、J2での首位独走と優勝に加え、フットサルでもリーグ3位となり、湘南ベルマーレ躍進の一年でした。少し白髪の増えた感がある水谷社長に、私からねぎらいの言葉を掛けさせていただきました。

 

  GKの後藤選手は私よりも遥かに大きい190僂猟洪函∈鬟掘璽坤鵑禄佝屬少なかったので今年は1試合でも多く出場できるよう頑張るとのこと。FWで今シーズンから加入する新人の鈴木選手は市内酒匂の出身、小田原から熱い声援を送りたいところです。スタッフの佐藤さんはJリーグからの派遣だそうで、やはり酒匂の出身。

 

  期待通りJ1に復帰した今シーズン、どのチームよりも多い運動量でピッチを駆け抜ける湘南スタイルを貫き、上位に定位置を占めるよう、全力を尽くしてほしいと、私からも強く激励させていただきました。

| - | 12:11 | - | trackbacks(0) |
下曽我地域での懇談会ほか

  地域経済の振興に向けて、民間企業では様々な取り組みが進められており、行政にもそうした取り組みとの連携に関する提案がよく持ち込まれるようになっています。8日も、そうした観点から2件のご提案を頂きました。

 

  1件は、人材派遣業などの大手であるパソナグループの皆さん。このところ急成長を見せているシェアリングエコノミーを切り口とした、小田原への誘客や小田原の人材活用に関するご提案でした。仲立ちをしていただいたのは、元・京丹後市長の中山泰さんで、現在、地方創生戦略機構・代表理事を務められている関係から、パソナグループと協力して各地の地方創生への支援を行っているとのこと。もう1件は、宴会・グルメ情報検索サイトの大手である「ぐるなび」の皆さん。多くの観光資源を持っている県西地域での情報発信力向上に向け、同グループが今後拡充していく検索サイトとの連携に関するご提案でした。

 

  いずれも、小田原としても取り組んでいくべきテーマとして、既に様々な企画や準備をし始めている分野であり、ご提案をたいへん興味深く聴かせていただきました。今後どのような連携ができるか、検討を加えていきます。

 

  午後は、小田原でのラグビー振興に取り組んでいる「ラグビー準備委員会」における、「オーストラリア代表チーム誘致特別部会」の初会合。来年秋に開催が迫っているラグビーワールドカップに向け、各国の代表チームに事前キャンプなどで小田原の諸施設を使っていただく可能性について、関係者が集い、情報共有を行いました。現在は、オーストラリア代表チームの誘致に向けて様々に情報収集などを行っている段階。世界の強豪チームの受け入れが実現できれば、ラグビーの魅力発信とラグビー文化の育成、ラグビー人口の裾野拡大はもとより、地域経済や観光面での効果、国際交流の発展などに大きく貢献することが期待できます。引き続き、各方面と連携しながらその可能性を追求します。

 

  夜は、下曽我地区での「市民と市長との地域活動懇談会」。今年度策定した「地域コミュニティ組織の基本指針」などに基づき、同地区の皆さんと意見交換を行いました。

 

  下曽我地区では、平成27年4月に地域コミュニティ組織である「下曽我地区団体運営協議会」が発足、現在は3つの分科会を軸に、地域内の諸団体が一堂に会し地域課題を共有できる体制が整っています。昨夜は、それぞれの団体から複数名が参加、全体で40人を超える諸団体役員の皆さんが集われました。

 

  事務局長の曽我さんが事前に各団体に募った質問をもとに、項目ごとに丁寧に取りまとめた資料が作成されており、昨夜はその内容に沿って一つひとつ質疑が重ねられました。自治会長、民生委員、地区社協、PTA、曽我兄弟遺跡保存会など、皆さんとの意見交換はとても有意義なものとなりました。

| - | 12:10 | - | trackbacks(0) |
箱根八里

  6日、午前中にお客様が2件。

 

  1件は、小田原酒販協同組合の木村理事長と多田理事のお二人。同組合からは毎年、小田原梅わいんなどの売り上げから小田原市に様々な形でのご寄付を頂いておりますが、今年は下曽我梅の里センターと曽我みのり館に設置する血圧計2台を頂きました。意見交換では、最近日本酒の消費量が減っていること、そうした中でも同組合がプロデュースした地酒「北条」は好調であることなどを伺いました。

 

  もう1件は、ヒノキ新薬蠅琉ど社長。同社が発刊している企業文化誌の誌名であり、同社の製品の重要な成分であるヒノキチオールの化学構造である7員環を表す「エプタ」は、ギリシャ語で「7」の意ですが、小田原の大稲荷神社の絵馬が7角形であることから、毎年社員の皆さんの絵馬を同神社に奉納されています。その折に、市役所をお訪ね頂いているものです。

 

  今回、企業文化誌「エプタ」の特集は、「箱根八里」。毎号、豊富なカラー写真と寄稿文やインタビューなどで構成される同誌には、東海道最大の難所であり、同時に様々な歴史や風俗の宝庫でもある箱根八里(小田原〜箱根〜三島)の、往時から現代にいたる様々なエピソードが散りばめられ、素晴らしい仕上がりとなっています。その中では、小田原のことももちろん取り上げて頂き、特に平和を愛する社長の肝いりで、終戦の日の未明に起きた空襲についても詳しく扱われています。事前にお送りいただいた同誌の感想などを交え、阿部社長と話に花が咲きました。

 

  午後は、神奈川県市長会の各会議に参加。空席となっていた会長には、副会長であった厚木市の小林市長が選出され、副会長には逗子市の平井市長、大和市の大木市長、そして私の3名の態勢で支えていくこととなりました。

 

  夕刻は県庁大会議室にて、黒岩知事ほか県幹部より、神奈川県の平成30年度予算案について、記者発表に先立ち県内全首長らを集めて説明が行われました。県民生活に即したきめ細かな施策の実施においては、どうしても基礎自治体である市町村の取り組みと重なる部分が多くなります。うまく連携すると共に役割分担を行って、県と市町村の予算や人的資源が効果的に生きるようにしていきたいものです。

| - | 12:03 | - | trackbacks(0) |
総合教育会議など

  5日、午前中は庁内での会議。

 

  朝一番で政策会議を開催、お城通り地区再開発事業の推進における、事業者との定期借地権設定契約締結の内容、関連して整備の細部方針などの確認を行いました。予定地の埋蔵文化財発掘作業も終え、いよいよ着工の運びとなります。

 

  続けて、今年度3回目となる総合教育会議。今回は委員からの提案により、キャリア教育の在り方や、その背景となっている若者の「働けない、働きたがらない」状況などについての認識共有と、現在の教育現場や地域コミュニティの中で取り組めることについての意見交換を行いました。現代社会の深刻な問題のひとつである、「ひきこもり」に対しては、様々な機関や団体が社会的自立のサポートや就労支援活動などを展開していますが、そのような状態になる「原因」はどこにあるのか、それにどのようにアプローチできるのかを、子どもたちの育ちの現状に即して考えることは、極めて重要なテーマです。この日の1時間程度の議論で結論が出る話ではないので、今後継続して考えていくこととしました。

 

  午後から、横浜へ。「神奈川県犯罪のない安全・安心まちづくり功労者等表彰式」に出席しました。この日の私の立場は、「神奈川県市長会副会長」。この肩書で公式行事に参加するのは初めてです。本来、県市長会の会長が出席し、県内市町村を代表して受賞者にお祝いを述べる、という設定なのですが、会長であった古谷・前秦野市長が市長選挙で交代となり会長職が不在となっているため、副会長が代理で出席することとなったものです。小田原の皆さんを前に「小田原市長」としてご挨拶するのとは、少し違う視点になるので、いささか神妙な気持ちで臨ませていただきました。

 

  その足で、霞が関へ。お世話になっている環境省と林野庁へ、それぞれ打ち合わせなどのため訪問。新年度以降も、良い関係を継続し様々な取り組みを行っていくことになります。

| - | 12:04 | - | trackbacks(0) |
2月

  2月に入り、早咲きの十郎が咲き始めるなど、曽我の里からも梅の便りが届くようになっています。日本列島全体はまだ寒のただ中にはありますが、小田原城址公園の梅もほころび始めたようで、春の気配が近づいてきました。

 

  毎年この時期はそうなりがちなのですが、連日続いた賀詞交歓会などで疲労の溜まった体と、タイトなスケジュールがヤマを越えたことからの気の緩みで、今年も体調を崩しました。先週の月曜・火曜あたりから風邪の症状となり、30日の夜の公務を見合わせたところから始まり、31日から2月3日まですべての公務を休ませていただきました。

 

  その中には、百歳長寿の高齢者への訪問、地域コミュニティでの懇談会、官公庁との面談、さらには節分行事やお城でのイベント、梅まつり開園式などもあり、残念ながら欠席させていただいたもの、副市長が代理で対応させていただいたもの、あるいは事情をお伝えして日程を再調整させていただいたものなど、お相手や関係者の皆さんにだいぶご迷惑をかけてしまいました。

 

  お陰様で体調はすっかり回復し、4日より公務に戻っております。この日開かれた、足柄上合同庁舎本館の竣工式でも、加藤議長さんや近隣の首長さん、県会議員の皆さんから、「大丈夫?」との声をだいぶかけて頂きました。

 

  19日から始まる長丁場の市議会3月定例会においては、30年度予算審議という重要な日程が控えています。新年度のスタートに向け、ここから先は体調をしっかり万全に保ちながら、日々に臨んでまいります。

| - | 12:21 | - | trackbacks(0) |
西湘地域まちづくり懇談会

  1月も終盤を迎え、この週末も賀詞交歓会等は組まれていたものの、ようやくその頻度は下がり、少し時間的にもカラダ的にもゆとりが出てきました。例年、少し気が緩むこの時期に、必ずと言っていいほど体も緩むようで、やや風邪気味の症状が出ます。まだしばらく寒さが続きそうなので、気を付けたいと思います。

 

  26日、午後から箱根へ。例年この時期に開かれる、「西湘地域まちづくり懇談会」に参加しました。この懇談会は、西湘地域1市3町(いわゆる足柄下郡)の首長らと、このエリア内の道路整備や土木インフラ維持管理などを所掌している各機関の長が集い、直面する課題や今後の取り組みなどについて情報を共有し意見を交わす場。毎年、1市3町の持ち回りで開催しており、今年は箱根町での開催となりました。

 

  懇談会に先立ち、大涌谷周辺の状況を視察。先週の大雪がまだほとんど残り、雪もちらつく中、勢いよく噴気を上げている大涌谷の様子、平成26年に、ここに隣接してオープンした「大涌谷ジオミュージアム」の展示施設などを視察。雪景色の中の噴気を見ながら、草津白根山での火山活動のことが思いやられました。

 

  視察後は、箱根町役場に戻って懇談。横浜国道事務所の淡中所長、県西地域県政総合センターの星崎所長、小田原土木センターの青木所長、ネクスコ中日本小田原保全サービスセンターの吉田所長から、それぞれ直近の各種整備事業の状況と今後の予定などが説明され、首長側からはそれぞれの取り組みにおける課題などについての確認がなされました。

 

  第2東名の部分供用開始、圏央道の横浜方面への整備、広域農道小田原湯河原線の整備、台風で被害を受けた西湘バイパスの復旧、小田原厚木道路の本格的な老朽化対策工事、箱根南足柄間の道路整備など、当地域に直接間接に絡む道路等の整備事業は数多く行われています。それらの順調な進捗を求める一方、第2東名や伊豆縦貫道路などの整備で首都圏からの交通量の迂回が懸念される県西地域へのアクセスが確保されるよう、各レベルで国などへ働き掛けを強めていく必要があることなども確認しあいました。

| - | 12:59 | - | trackbacks(0) |
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE